Equipment and facility information
設備・施設案内

提供機材と準備物< 最小限の荷物で講義を受けられます。>

<提供機材と施設>

受講するすべてのトレーニング受講に関わる機材及び下記設備についてはFOMアカデミーで提供いたします。

 

  • トレーニング時の個人用保護具(PPE) 1式【フルボディハーネス、Y型ランヤード、ロープランヤード、ヘルメット、安全靴(23~28㎝)】
  • クラスルーム、フリースペース、ウォーターサーバー(飲料水、お湯)、セルフコーヒー、冷蔵庫
  • 無線インターネット接続、エアープリンター接続
  • 更衣室及びダイヤルキー付ロッカー
  • 昼食(弁当、みそ汁)、自動販売機(有料)

※シャワー室はございません。車で5分程度のところに公衆浴場がございますのでそちらをご利用ください。

<トレーニング教材>

関連するトレーニング資料、関連機器、ツール、および消耗品等はFOMアカデミーで提供いたします。

トレーニング資料の配布は行っておりません。

 

<受講者様にご持参いただくもの>

  • 保護手袋・眼鏡用保護具・タオル類・作業着・筆記用具
  • 作業着は高所訓練施設でのラダー昇降及びレスキューに適した動きやすい長袖・長ズボンの服装
  • 季節、気象条件に適した服装(実技訓練はアリーナ施設及び屋外で行いますので冷暖房はございません。)

※受講者様が普段使用しているPPEを持参いただく事も可能です。ただし、持参いただくPPEはEN規格品に適 合しており、良好な状態にある必要があります。トレーニング時の検査で不適合の場合、持参されたPPEの使用をお断りする場合があります。予めご了承ください。

※ 安全靴についても普段履いている靴を持参いただけます。ただし、火災予防と消火訓練は屋外履きの半長靴、それ以外の訓練時は屋内履きのミディアムカット以上でくるぶしが隠れる安全靴かつ著しく汚れていないものに限ります。

 

<受講者様にご注意いただきたいこと>

各種実践トレーニングや応急処置のデモンストレーションの際、長い爪、ピアス、イヤリングやネックレス等アクセサリー類の着用により、それらの破損や怪我の原因となることもございます。また、ご自身だけでなく他の受講者に怪我を負わせてしまう可能性にも繋がります。いずれの場合も、これらが原因となった怪我やトラブルについて、当校ではその一切の責任を負いかねますことを予めご了承ください。

 

 

施設案内

<アリーナ内>


  • アリーナではその広さと高さを利用した広々とした環境の中でトレーニングを受講できます。
  • 約10mの高さがあるトレーニングタワーを活用し、1グループ最大12名同時に、包括的な高所かつ狭所での作業方法・救助技術が学べます。

<校舎>


  • 旧小学校を利活用した広々とした校舎をご利用いただけます。
  • 講義室は1クラス最大18名、講義を受けることが可能です。団体貸し切りでの受講も可能です。
  • 会議室・アリーナのお貸出しも可能です。ご相談ください。
  • トレーニング中の休憩時間に、多目的ホール(フリースペース)やウォーターサーバー(飲料水・お湯)、セルフコーヒー、自動販売機(有料)、冷蔵庫、無線インターネット接続、エアープリンターをご利用いただけます。
  • 昼休憩を含むトレーニング日は、昼食(お弁当・みそ汁)を準備します。

<敷地全体>


  • 消火訓練設備では火災の種類に応じた消火器を使用して正しい消火方法を学べます。
  • 脱出訓練設備では火災時に視界が利かない狭所からの安全な脱出方法を学ぶことができます。
  • 実機風車模擬訓練設備(エネルコン E40 及びGE 1.5S)を使用して、ナセル、発電機構造学習が可能です。


お問い合わせ

コードを入力してください。:

メモ: * は入力必須項目です

本部(エイブル事務所内)

〒979-0401 福島県双葉郡広野町大字上北迫字岩沢1-9  TEL/FAX 0240-23-5653

福島オフィス(FOMアカデミー内)

〒960-0271 福島県福島市飯坂町茂庭遠西96 -1  TEL/FAX 024-572-5159